朝にやってほしい習慣その2|横浜市都筑区の矯正歯科 中村歯科クリニック 最寄駅東山田・北山田

文字
サイズ
背景色

ご予約・ご相談はこちら045-591-8211

ホーム > ブログ

ブログ

朝にやってほしい習慣その2

朝食を食べてほしいです。

その時は、食べながらの水分補給は控えていただきたい。

味噌汁の水分と、よく噛んで自分で出した唾液で食べていただきたいのです。

小さな子どもの離乳期にも使っていただきたいテクニック『米』をよく噛んでその水分で食塊形成をしていただきたい。

なので、子どもの食事の時も水を食卓に用意してはいけません。

もしも口の中でぼそぼそしてしまったら、米のご飯を口の中に投入して噛みましょう。

米は水を足して炊いてあるので糊の役目を見事に果たしてくれる優れものです。

そうして唾液腺を朝から働かせてほしいのです。

唾液はあなたを口から入る感染症から守っているのです。

沢山出るように朝ご飯はもぐもぐ噛んでほしいのです。

昔昔の家庭の医学には、朝にお茶を飲み梅干を一ついただくと良いとあります。

お茶といえばカテキン効果で感染症予防。

梅干といえば、腸内殺菌作用と思いますが。

昔はお茶でぶくぶくしてからごっくんしていました。。。。口腔内殺菌もやっていたのです。

梅干で唾液が出てきます。。。唾液腺を状態保持もしていたのです。

この大切な習慣を現代にアレンジしても残したいです。。。。朝の習慣は是非もぐもぐご飯と梅干とお茶で。

う~ん~近頃のパン朝食では、どうやって唾液腺を刺激したら良いでしょうか。

飲み物に頼らずに唾液を出すには、酸味を使ってください。。。お酢のドリンクでも結構です。

この時の注意は、お酢が口の中に残らないように食事の中間でお酢は飲んでくださいね。

口の中が酸性になっている時間が長くなると、歯が溶けます。

日本人が海外に仕事に行く前にしておくこと

外国の方々が日本に来て嫌がることNO1に、口臭があるのです。

日本人の口が臭い

TVーCMでも沢山取り上げてくれています

ブレスケア・クロレッツ・ブレスラボ・ノニオ・ガム・・・・たくさんあるでしょ

自分でできる口臭ケアも大切なので、是非取り揃えて上手に使っていただきたいですが。

歯医者でまずクリーニングと歯周病治療と虫歯治しをしてください。

そして、歯茎を傷めないタイプの歯間ブラシを処方してもらってください。

歯間ブラシも歯ブラシも衛生士さんに見立ててもらうのが正解です。

歯間ブラシと歯ブラシが自分に合ってないままに使って、歯が削れて痛みを出したり、歯間ブラシで歯が抜け出てきてしまったり。

自己流はできれば避けたいところです。

出張前に一期に整えていくなら、自費治療がおすすめです。

日本の歯周病治療は回数制限が厳しくかかる健康保険治療です。

隅から隅まできれいにするには、3回~10回通わなければなりません。。。

急なご要望には保険では間に合わないからです。。。。保険で歯周病をきれいになりたければ、3か月くらい前から取り掛かってくださいね。

口から健康状態を察知しよう その2

口から、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門まで続く体内の道

口の中がまっかっか

きれいに磨いても、赤みが引かないとき。

歯周病と判別してみても異常な場合。

小腸の様子が悪いのかもしれません。

口の中を整えたくても、口だけ見ていても治ってくれません。

腸漏れ症候群が疑われます

乳酸菌生成物と乳酸菌のアメと食事制限を提案します。

リーキーガットが起きているときの不調は多種にわたります

パンとパスタが大好きで、毎日小麦グルテンを多量に摂取していたり。

三叉神経痛のような症状がでたり。

関節が痛かったり。

肌荒れアトピーなど。

1か月の小麦絶ちと、生ものをさけ、食物繊維の摂取を増やし、お酢と梅干、カツオと昆布の出汁で味噌汁をとることを勧めます。

口があなたの健康状態を教えてくれます。

毎朝必ず見てください。ベーと舌出して、ニーと歯茎だして。。。。。今日も歯磨き

食道から肛門までは体の内部トンネルの中です。

入口の口の中から、今日の健康を垣間見てみましょう。

口から健康状態を察知しよう その1

口から、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門まで続く体内の道。

もしも、苦い液が口に戻るようなことがあれば、逆流性食道炎になっているかもしれません。

そして、下の奥歯内側が溶けてしまう胃液性の虫歯になってしまうかも。

だから。

下の奥歯の内側だけに虫歯を発見すると、逆流性食道炎を疑い内科に紹介いたします。

なぜ、胃液が逆流するのでしょうか・・・それも一緒に考えることもあります。

腹腔内がパンパンになって、胃が押しつぶされて胃液が上がってくるのかもしれません。

自分で胃の薬を飲んで済ませるのはお勧めしないのです。

内臓の何かが腫れあがっているかもしれない。。。。。

それは、内臓脂肪かもしれないし、肝臓が腫れてるかもしれないし、子宮筋腫かもしれないし。。。

虫歯が教えてくれる体の異変。。。。病を察知する歯医者です。

3か月に1回は会いに来てね。。。。予防歯科で病も予防して気持ちもハレバレ

朝にやってほしい習慣その1

朝おきて、鏡に向かってベーと舌を出してみて!それから歯を磨こう。

頭がはっきりしてきたら、『あ・い・う・べー…体操を10回』

口の中はピンクですよね。

毛細血管がとても多いからです。

もしも白っぽいピンクなら、貧血かもしれません。

もしも黒っぽいピンクなら、うっ血かもしれません。

そして、体を少し動かしてみて、今日の自分をサーチしてみよう。

口から、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門まで続く体内の道。

口から毒素を体内に入れないように、口を磨こう。

その時に使ってよいのはとげとげの無いフラットな歯ブラシと、顆粒の入ってない歯磨き剤。

紫のリステリでもよい。。。。。紫のリステリンは歯磨き剤だから。

唾液が減った夜中の口の中は細菌の繁殖が増えます。

ちなみに、唾液量の少ない人は昼間も細菌の量が増えやすいです。

「自分の口の中は唾液で消毒されてるから綺麗だ」とおっしゃる方も居るのですが、綺麗じゃないことがわかっています。

毎日の予防歯科はここから始めましょう。

元気でいるために必要なこと

それは。

運動と。

食事と。

お口の健康管理。

こちらで語れるのはもちろんお口の管理のことです。

心筋梗塞や脳梗塞などの病に深くかかわっている歯周病菌ですが。

お口になかに住んでいるのに、なぜ心臓や脳に届いてしまうのでしょうか。

それは、口の中の傷や歯周ポケット内から血管に入っていくからなのです。

最近は、『歯磨きが万病のもと』や『歯を磨いてはいけない』などの本が続々出版されているのですが。

ご存じですか?????

その本意は、間違った歯磨きを続けると傷を作って歯周病菌が血管に入りますよ。っていうことです。

先が細くとがった歯ブラシを歯周ポケットに突っ込んで磨くTVコマーシャルを信じて歯周ポケットを傷つけている人が多すぎるのです。

先が細くとがった歯ブラシを健康な歯茎の人が使うと血が出て痛いのですが、それを我慢して使い続けると切り裂かれたポケットが深くなり痛くなくなります。

それは、健康な状態ではないのですが。

血が出なくなったし、痛くなくなったから健康なのだと錯覚が起きます。

これを憂い、上にあげたような書籍が次々に出されました。

自分だけでお口の中を健康に保つのは無理があるとご理解ください。

歯医者と歯科衛生士の手を借りて、健康の上流医療といわれる『口の健康』を手に入れてください。

元気でいるために。

質の良い『フラットな歯ブラシ』

研磨粒子の無い、クロルヘキシジンやIPMPやアパタイトやフッ素やリカルデントなどの『効力のある歯磨剤』

歯間にあった、デンタルフロスや糸ようじや歯間ブラシなどの『補助器具』

を使い。

歯周ポケットまで磨いてもらう『アミノ酸パウダーによるジェット洗浄』

プロフェッショナルな予防歯科をあなたも始めませんか

ストレートネック枕を使ってみたその後

2019年3月からストレートネック枕を使ってみました

嚥下に関わる周囲筋肉の動きが悪くなることで、若くても水を飲んだり自分の唾液を嚥下する時にむせてしまったりする人

どんどん増えています。

水を何気なく飲んだはずなのに、ゲホゴホ・・・・まいったな…かっこ悪いな・・・・なんて困ってる若者が増えているのです。

原因は、スマホの使い過ぎなどでストレートネックになって居る事。

嚥下周囲筋肉の動きが制限されて、ごっくんが上手くいかなくなって、気管に水分が流れ込んでしまう事。

そこで、中村は3月からストレートネック用の枕を使ってみました。

結果。。。。。。。。素晴らしい改善を見ました。。。。全くむせません。

ちょっと変わった形のストレートネック枕を使ったのですが。

これを使うのにはちょっと辛抱が居るのかもしれません。

息子は使えないと拒絶していますので。

枕の形はストレートネック対応であって、首の角度に気を付けてノドボトケ周辺が広がることが大切です。

あれから半年たってそろそろ結果報告してもよさそうなので。。。。とっても良い結果です。。。ご報告です。

デンタルIQをご存知ですか?

皆さんには聞きなれない言葉ですが『デンタルIQ』という指標があります。

ネットで情報を探る貴方は、おそらく『デンタルIQ』は相当高いのではないでしょうか。

直訳的には、お口の情報を沢山知っている事だと思われますが。

一言で私流に言わせていただくと、『お口の中の健康は人に重要なことだと知っている』ということだと思っています。

私たちはお口の専門家です。

『より良い状態』。。。。いわゆる一つの『理想形』を知っています。

そして、その状態に保てるように個人個人に合わせて寄り添って行きます。

だから、小児から診たてて行くし、歩けない状態となっても訪問して支えていきます。

TV-CMに洗脳されている方

歯を磨けば良いんだろう。。。。歯周病は○○●を使えば治るんだ。。という方は思い込みに振り回されていないか。

一般論が、自分に合うのかどうか疑ってみてください。

ときどき、専門家である私たちの話に全く耳を貸していただけない方に出会います。

私たちの支援策よりも、近所の声の大きいお知り合いの言う事や、TVの言う事の方が有益だと。

デンタルIQを高めることはとても有益です。

でも、その使い方は、『あなたを支援してくれる専門家(歯医者)を選ぶ指標の一助』として活用していただきたく思います。

私たちは、専門家として日々情報に目を配り、スキルアップに努めております。

貴方がTVや雑誌から得た知識を実践するために、お役に立てる事でしょう

歯医者が怖くて行けない人のための歯医者です

中村歯科は、歯医者が怖くて行けない人のために優先枠を設けています。

ネット予約でも、『歯医者が怖い』『過去にどのようないやな体験があったのか』を書いていただけると、配慮いたします。

ほとんどの場合、コミュニケーションがうまくいかなかった場合が考えられるので。

中村歯科では、かなり細かく聞いていきます。

時々、患者さんは歯医者が理解できない表現を訴えることがあります。

なぜ歯医者が理解できないかというと、患者さんは緊張しているので、思いを言葉にすることが難しかったりします。

歯科医学的に矛盾することを訴えてくることがあったり。

二つのことが起きているのに、一つのこととして話が進んでしまったり。

歯と関係ないだろうと思って、患者さんが話を飛ばして部分的に知らせてくることで情報が足りなかったり。

これに対して配慮するというのは、細かく聞き分けていく作業を進めていくことです。

とても診断が難しく、一度では診断できない場合などなど。

歯医者が歯医者なりに困ってしまうことがあります。

中村歯科は専門医ではありませんが、虫歯・根管内治療・歯周病・歯肉炎・入れ歯・差し歯・歯並びかみ合わせ・インプラント・老齢歯科・訪問歯科・小児歯科・矯正歯科を組み合わせて診療を組み立てていきます。

総合診療歯科医師です。

患者さんの苦しみを取り除こうと、日々研鑽しています。

歯医者が怖くて、20年くらい歯医者に行っていない人がどんどんやってくる。

口の中の機能が壊れていくのは最初はゆっくり壊れていきます。

しかし左右の奥歯がなくなった時点から急激に壊れていきます。

その壊れるスピードを上回るスピードをもって治療を進めていかなければ、治すことなどおぼつかないのです。

だから、明日も来てね。来れる限り来てね。あと何回で第一段階がクリアできるから、そこまでガンガン来てね。

特別枠で治していきます。。。。だから殆ど治ります。。。入れ歯になったり、差し歯になったり矯正を取り入れたり、いろいろですが。

噛めて、笑えるようになる。。。。。。そんな歯医者です。

安心して予約を入れてください。

きっと、あなたも自信をもって笑えるようになりますから。。。。

血圧の薬で歯肉がもりもり腫れてくる

高血圧の基準が変わったので、血圧の薬を飲んでいる人が増えたように感じる今日この頃です。

実は、歯肉がもりもりと硬く腫れてきます。

きれいに磨こうが、消毒しようが治りません。

薬の副作用だから。。。。。。切るしかありません。

先日、もりもりはしてないけれど、ぷよぷよ腫れてきた女性が居りました。

いつもは元気な方なのに、詳しく聞き取りを始めると。。。。血圧とコレステロールの薬を飲み始めたとのこと。

「その薬止められないの?」・・・「やめられないよ」

「じゃあ、痩せてください。1日3食食べなくても大丈夫な年だし。」

「今までの経緯から考えるに、薬のせいだと思うから。薬がいらないくらい痩せようよ」・・・「無理無理、食べないなんて居られない」

次にお会いしたら、すっかり元通りのきれいな引き締まった歯肉になっていた。

「よかったね。治まったね。」・・・・・「コレステロールの薬をやめたのよ」

そうなんだ。。。。。。血圧の薬だけじゃなくて、コレステロールの薬の副作用も歯肉が腫れるのね。。ちょっとタイプが違うけど。

口の中をどんなにきれいにしても、薬の副作用で腫れてくるのにはどうしてよいのか分からない。。。。。。

乳酸菌で対応してきたけれど、近頃それでは治らない、SIBO『小腸内細菌増殖症』の方にも出会い。。。。小麦食事の禁止やら。。。

病気がどんどん変わっていくので、歯ブラシでは対抗できない。。。。

1 / 4212345...102030...最後 »
ページの先頭へ戻る